Business

ベンチャー企業が優秀な人材を確保する方法【優秀な人材は待ってても来ません】

こんばんは、このブログを運営しているしゅふぁ(ciufa1)です。

 

先日フォロワーさんから下記のようなリクエストを頂きましたので、それにお答えしたいと思います

この方は現在ベンチャー企業で頑張っており、私の今の本業も2016年の終わりに立ち上げたベンチャーなのでその経験を踏まえて僭越ながらアドバイスさせて頂ければと思います。

まずベンチャー企業に優秀な人材なんて普通来ない

まず前提条件として、はよっぽどキラキラしててカッコいい職種じゃない限り優秀な人材はベンチャー企業には寄ってこないです。

自分が学生だった時を思い出してください。

名も無いよく分からない謎ベンチャー企業に入りたいと思いますか?

学生じゃなくとも、そんな人は殆どいません。

まず自分の会社は選ばれる側として基礎ステータスがかなり不利な状態という事を自覚しましょう。

不利な状況であるにも関わらず他社と同じような求人や条件を出してたら、そのベンチャー企業に人が来ないのは当然と言えるでしょう。

私のベンチャー企業が求人を得るために行った工夫

私のベンチャー企業が求人を得るために行った工夫は下記2点です。

これは私の会社の事例なのでビジネスモデルによっては難しいかもしれません。

ただ商売と同じように求人する際にも差別化は必要なので、その点を考慮して色々工夫してみてください。

完全リモートワークOKにする

地域限定で優秀な人材を得ようとするとただでさえ難しい求人がほぼ無理ゲーになってくるので、業務の方をリモートワークのみで出来るよう改善し、全国から人材を募集しました

全国からの募集だと求人が10倍くらい来ます。

また、優秀なのに事情によりリモートワークしかできないという方も世の中にはいるので、そういった方を上手く見つけられればかなり捗ります。

時給をめちゃくちゃ上げる

労働の目的は何か?金である。

なので給料上げれば人は来ます。

私のベンチャー企業では時給1500~2000円で募集かけました。

相場が1000円~1200円くらいだった上にリモート勤務OKだったのでかなり喰いつきは良かったです。

私のベンチャー企業が求人する際に注意した事

始めは何も注意してなかったんですがトライ&エラーを繰り返した際に見つけた注意事項です。

給料を上げると共に求人内容のハードルも上げる

失敗例の項目で詳しく説明しますが、私のベンチャー企業はリモート勤務OKの高時給ということもありかなりの募集が来ましたが、その反面リモート故に仕事に責任感ない人が多く集まります。

ベンチャー故に高時給人材をそんな多く確保する余裕もありませんので、普段のオペレーションや経理、イレギュラー案件までいろんな事を柔軟に対応でき、かつ責任感持って仕事を遂行できる優秀な人を募集しました。

ポイントですが、逆にこれができない人は募集遠慮くださいとまで書きました

この一文によって自分のスキルに自信を持った人しか募集してこないので、人材選びが一気に捗りました。

当たり前だが学歴/経歴は重視した

たまに学歴なんて関係ない!という人もいますが、それは自分で事業起こすタイプの人間であればの話で雇われる側にとっては残念ながら関係ありありです。

(経営者でも学歴はあった方が箔が付いて有利になるケースも多いので何だかんだ必須ではないですがあると便利です。良い子の皆さんはちゃんと勉強しましょう)

あと前職を辞めた理由のポジティブさはかなり重要視しました。

寿退社とかだとかなりポジティブです。

私のベンチャー企業が求人で失敗した例

※思い出したら闇落ちしそうになったので多少口調が乱れます。

まぁこちらにも何か問題はあったんだろうし結局いくら愚痴っても全て経営側の責任なんで仕方ないんですけどね。

責任感ない人は遠慮くださいという文言を入れなかった初期は地雷だらけ

リモートOKで時給が良いと当然求人は多くなりますが、地雷みたいな人がゾンビのように弊社を襲ってきました。

1人は妻の出産3三日前に突然音信不通になり、パソコン貸出とかもしてたのですが後日「今月の給料払ったら返してやる(給料未払いとかはこれまで一切なし)」という謎の上から目線で謎交渉してきました。顧客情報も含まれているので「それでは法的処置取ります。守秘義務契約を締結してるので貴方が不利になりますけどよろしいですか?」と言ったらパソコンは帰ってきました。

もう1人は研修終わり今後郵送などお願いするので経費として先に2万円渡したら次の日その2万円ネコババされたまま音信不通になりました。

他にも何人か地雷を味わいました。

キレてもう責任感ない人はくんな!!みたいなノリで遠慮くださいと書いたら結構効果的だったので伝えてみるもんだなと思いました。

思った以上に世にはやべー奴で溢れている。

派遣会社を使った

一時期自分で探すのに疲れ派遣会社を使いましたがこれも失敗。

仲介手数料が入る分高い金取られるうえにスキルも責任感もない人が来ました。

全ての派遣会社がそうとは言いませんが、起業家の先輩には「そんなのあたりまえじゃん」と言われました。先に教えてほしかったです。

おかげで2ヵ月で80万円無駄にしました。

ベンチャー企業におススメの人材

男性で優秀な人は引く手数多なので滅多に見つかりませんが、大企業を寿退社した元キャリアウーマンとかはかなり狙い目です。

優秀なのに家庭の関係で時間がある程度融通きく仕事しか選べずどうしても安いパートとかしか仕事が見つからない元キャリアウーマンの人は実は結構いっぱいいます。

私の会社はこの「子供の世話もできるリモート勤務」「ある程度優秀じゃなきゃできないが高時給」というキャリアウーマンの悩みを解決しつつ、プライドをくすぐるようにピンポイントで狙いました。

おかげで今私の会社は殆ど女性ばかりです。

プライドの高めな女性が集まるので多少メンタルケアはちょこちょこ必要になりますが、それでもかなり楽になったので今は満足してます。

おわりに

求人だけでなく、起業って本当にすべてが大変です。

起業して10年後も生き残ってる企業は3~5%って言いますけどこれはマジだなと実感できます。

生まれたばかりのポケモンのみでチャンピオンリーグを進んでいくくらいの無理ゲーですが、起業してしまった人は進むしかないので脳みそフル活用して何とかサバイブしていきましょう。

まぁ多額の借金背負っても最悪自己破産すれば良いのでクビは吊らないようにね。

何かの参考にあれば幸いです。

 

ABOUT ME
しゅふぁ
しゅふぁ
ポケモン好きのデジタルマーケターです。勉強ノートとしてブログ開設しました。WEBマーケやSEOが得意。ポケモンの話は特にしません。プロフィールは下のブログリンクから。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。


上の計算式の答えを入力してください