Business

企業のオウンドメディアとしてYoutubeを活用する際に注意すべき3つの点

こんばんは、このブログを運営しているしゅふぁ(@ciufa1)です。

この記事は中小企業広報向けですが、個人でもチームでYoutubeをやるって際には参考になる部分はあると思うので是非見ていってください。

さて、貴方の会社ではオウンドメディアに力を入れていますか?

何それ?って方に説明するとオウンドメディア(Owned Media)とは「自社で保有するメディア」のことです。

一昔前の企業のオウンドメディアといえば自社サイトでブログ形式で情報発信を行う場合が殆どでした。

しかしながら最近そのトレンドが徐々に変わりつつあり、SNSやYouTubeに力を入れる企業が増えてきました。

中でもユーザー数の多いYouTubeは主流だった文字ベースの情報発信だけでは伝えにくい臨場感やリアリティさを伝える事ができるので、マーケティングだけでなく、ブランディングにおいても定番の手法となりつつあります。

若いベンチャー企業なんかは意気揚々と「これからは動画マーケティングや!!」と言わんばかりにYouTubeに手を出そうとするのですが、YouTubeを使ったオウンドメディアはWebサイトを使った記事ベースのオウンドメディアより遥かに難易度が高いです。

企業のオウンドメディアとしてYoutubeを活用する上で私の経験のもとに注意すべき3つの点をシェアしたいと思います。

記事のPV数と違い動画は再生数が視聴者にも見える

記事のPV数と違い動画は再生数が視聴者にも見えます。

これの何が問題かというと、動画を見る前から再生数から自社のブランド、活気などが視聴者にイメージされてしまいます

(非表示に出来る方法があるかどうかは分かりませんが、一般的には再生数が表示されている以上非表示にしたところで「非表示にしたい=再生数がない」という事がモロバレなので意味ないです。)

まず最初に運営してみないと気が付かない事として一番大きのは実はこれじゃないかなと思います。

自社の動画の再生数がどれも100回を超えないようなチャンネルだった場合、自ずとしてその会社に活気がない、不人気という先入観を与えてしまいます。

その結果動画を見てもらえないという負のループが起こります。

そして、それは動画担当の社員やスタッフのモチベーションにも確実に影響し、動画投稿頻度やクオリティが徐々に下がります。

そしてその状況になって「無駄にお金使えないしこんな状況ならやめるか…」という思考になるまでがお決まりの流れです。

記事ベースのオウンドメディアならPV数ははっきりとはユーザーには分からないので、お洒落で綺麗/かっこいいサイトにすれば悪い印象は持たれません。

それくらい再生数が与えるイメージは強いのです。

動画メディアをやるなら動画投稿して終わりではなくその後のアクセスを増やす工夫と、再生数が少ない状況でも改善策を考えやり続ける覚悟が必要になります。

記事と比べて時間的にも金銭的にもコストがかかる

言うまでもないかもしれませんが動画は記事と比べてコストが非常に高いです。

金銭的な部分はまぁ見積もり調べればすぐ出てくると思うので、時間的コストについて説明します。

コンテンツにもよりますが、多くの場合その動画に映る人はその企業の顔である人やモノを”映す”必要があるため、コンテンツ全てを完全に外注に丸投げして作るという事がほぼ不可能です

したがってミーティングや撮影にどうしても多くの時間を要します。

しかし記事だと映像がないので、ある程度丸投げに近い形で記事を外注してもメディアは回りますし、動画編集と比較して記事編集作業は日本語をちゃんと身に付けている方ならそこまで大変ではありません。

コストをかけて良いクオリティの動画を作れたとしても、1つの動画が完成すれば終わりというわけではありません。

オウンドメディアなのでそれを作り続ける必要があります。

企業体力があれば良いですが、それがないと途中で体力切れで運営できないというような事態になります。

(あ、もちろんバーチャルユーチューバーのように生身の人間を映す必要がないコンテンツは外注ほぼ丸投げでも多分いけますが、当然金銭的コストは跳ね上がります。)

”看板娘”の人に依存度が高くなる

これは動画メディアだけに言えることではありませんが、人気者がそのメディアで誕生した場合、再生数が稼げるからとついその人を多く動画に使ってしまいます。

これは悪い事ではないのですが、もしその看板娘ポジションの人が会社を辞めてしまった場合、その人のファンだった視聴者もその会社から興味を失ってしまうというリスクがあるのは覚えておきましょう。

LIGブログなんか数年前に一世を風靡しましたが、今ではキャラの濃い当時のメンバーが殆ど辞めてしまい、最近はちょっと…いやかなりさみしい感じになってしまっています(いいねやシェア数が2桁くらい変わりました)。

そうならない為にも色んな人を動画に出してリスク分散するなどの施策は考えておく必要があります。

まとめ

  1. YouTubeを使ったオウンドメディアはWebサイトを使った記事ベースのオウンドメディアより遥かに難易度が高い
  2. YouTubeは再生数が表示されるがゆえに動画を見る前から自社のブランド、活気などが視聴者にイメージされてしまう
  3. 動画は記事と比べて時間的にも金銭的にもコストがかかる
  4. ”看板娘”の人に依存度が高くなるので注意
  5. オウンドメディアは動画投稿して終わりではなくその後のアクセスを増やす工夫と、再生数が少ない状況でも改善策を考えやり続ける覚悟が必要になる

という事になります。

これからYoutube活動を頑張ろうとしている企業やチームでYoutubeをやろうと考えている人の参考になれば幸いです。

ABOUT ME
しゅふぁ
しゅふぁ
ポケモン好きのデジタルマーケターです。勉強ノートとしてブログ開設しました。WEBマーケやSEOが得意。ポケモンの話は特にしません。プロフィールは下のブログリンクから。